がんを克服するための新常識TOP > 生き方・生活習慣 > 睡眠

睡眠で免疫力アップ

 


睡眠時間はどれくらい?


'99年アメリカのシカゴ大学のグループで眠りの身体への影響をみる実験が行われました。この実験は、これまでの寝せない実験ではなくて、眠らせるという実験を行っています。

 このグループは、1週間毎日4時間睡眠に眠りを制限し、7日目の朝にいろいろなデータをとります。その次に同じグループで8時間睡眠、続いて12時間睡眠とデータをとり、睡眠時間の長さを比べたのです。

 すると、4時間睡眠では、朝の血糖値が高くなって,インシュリンの出が悪くなり、夕方のコルチゾールの減りが悪くなり、交感神経が緊張状態になって,インフルエンザのワクチンの効きが悪くなることがわかったのです。

 このグループはその後も研究を続け、慢性の睡眠不足が肥満や糖尿病を引き起こすことも確かめています。

 誰でも、睡眠時間が減ると,集中力が無くなったり,イライラしたりするという経験はあると思います。小中学生のアンケートでも寝るのが12時過ぎ,朝食抜きの子どもたちでイライラ感が強いという結果も出ています。

 睡眠時間は個人差があり、1日3〜4時間の睡眠で健康な人も少なくありません。しかし、一般的に睡眠時間は、6時間から8時間というところでしょう。

 睡眠時間が、5時間以下になると寿命が短いとも言われますが、逆に9時間以上になると、眠りの質が低下するとも考えられています。

 つまり、6時間から8時間が最も効率よく、睡眠の質を高めることができ、体も脳も休められるのです。睡眠時間だけでなく、就寝時間も大切です。できれば午前0時前までにはベッドに入っていたいところです。

 熟睡できて、目覚めたときにスッキリとした満足感が得られる眠りができたらいいのです。

ガンを防ぐ睡眠の取り方とは? 


 睡眠を毎日十分にとることは、健康を維持する上では欠かせません。しかし、現代社会では、睡眠障害や不眠が世代を超えて深刻な問題となっています。

 睡眠不足になると、体に疲れがたまるだけでなく、免疫力も低下して病気にかかりやすくなってきます。特に睡眠不足はガンの大きな危険因子となるのです。

 私たちの体内では、午後8時から午前4時までの間に代謝が活発になります。この時間帯に眠ることで新陳代謝もスムースに行われます。

 こうした代謝によって、細菌やウィルス、そして、ガンなどの異物を排除する免疫力も高められます。そのため、睡眠によって代謝を促すことは、ガン予防の観点からも、大変重要になってきます。

 夜更かしや昼と夜が逆転したような不規則な生活を長く送っていると、代謝も十分に行われず、免疫力を担うリンパ球なども十分でなくなります。

 睡眠と免疫力の関係は、自律神経の働きでわかります。夜眠ると、自律神経のうちの副交感神経が優位に働いて、リンパ球が大量に作られます。

 眠らずにいると、自律神経のうちの交換神経が優位になって、リンパ球の働きが衰えてしまい、ガンを招きやすくなってしまうのです。

 文部科学省などの共同調査でも、昼夜逆転の生活を送っている男性は、そうでない人よりも、前立腺癌を発症する危険度が3倍も高くなっているといいます。
 また、アメリカのガン研究センターの調査では、深夜1〜2時まで起きている夜更かしの女性は、その時間に眠っている女性に比べて、乳がんにかかる危険度は明らかに高いのです。

 ガンを予防するためにも、ガンの芽が生まれる午前0時前には就寝して、少なくとも7時間は睡眠をとる習慣を心がけることをお勧めします。
ガンを防ぐ睡眠の取り方


ガンを克服した鳥越俊太郎も薦める睡眠とは? 


ジャーナリストの鳥越俊太郎さんは、2005年に65歳で直腸がんを患い、67歳で肺に転移、さらに肝臓にも転移が見つかり、これまでに4度の手術を受けておられます。

誰もが、がんに侵されれば、無理をしない人生を考えるものでしょうが、鳥越さんは、がんになってからのほうが、何事も前向きに挑戦できるようになったといわれてます。

なんでも、仕事はがんになる前の3倍に増え、プライベートでも、ジムに通い始めるなど、生活はますます充実しているというから凄い方ですネ。

それだけに健康を意識し、食生活など生活習慣を改めて、今では忙しくても、疲れない体になってきたとおっしゃっています。

健康を維持するその秘訣の一つに「睡眠」があります。がんになって、ある医師から健康を維持していく上での睡眠の大切さを強く諭され、それから睡眠ということを非常に心掛けるようになったといいます。

そんな時に出会ったのが「トゥルースリーパー」だったのです。「僕の場 合、寝るときにちょっとでも違和感があると眠りに入っていけない。


でも「トゥルースリーパー」は、寝ころんだ時、全く違和感がなくて、包み込んでくれるような感じでスッと眠れるに入っていけるんです。」そんなわけで現在は、「欠かすことのできない睡眠の友ですネ」と仰っています。

睡眠で悩んでおられる方、睡眠中の腰や肩の「悩み」をお持ちの方には、今、お使いのマットレスやフトンの上に敷くだけの「トゥルースリーパー」は、とっても簡単で安心して使用できます。



参考・引用文献

■夢21 2010.10
 ガンは治せる!再発・転移も徹底的に防ぐ驚異のNo.1療法

 

ガン克服のための生活習慣

ストレス

  ストレスは免疫力の低下を招く! ガンは不治の病ではありません。医者が治せない病かも知れませんが、ガンは治る病気な...

ありがとう

 「ありがとう」は漢字で書くと「有り難う」となります。これは、有ることが難しいという意味になります。滅多に無いという意味にも取れます。このように、ありがとうは、感...

がんばらない

 病は生き方の偏り! 現代人の多くは、働き過ぎによってストレスをため、披露や悩みなどを抱え、生活習慣病になりやすくなっています。 人は、なぜ病気に...

睡眠

睡眠時間はどれくらい?'99年アメリカのシカゴ大学のグループで眠りの身体への影響をみる実験が行われました。この実験は、これまでの寝せない実験ではなくて、眠らせるという実験を...

笑い

 笑う門には福来たる! 笑うとガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞(NK細胞)が活性化するため、免疫力が高まります。落語でもバラエティ番組でも、友達との...

不平不満を言わない

 人生を変える秘密とは? 全世界で600万人の人生を変えた秘密とは、21日間、不平不満を言わなければ、すべてが思いどおりになる。これは、「もう、不満は言わ...