がんを克服するための新常識TOP > がん克服のための新常識 > これからのガン治療

これからのガン治療について

 

 

ガンは必ず治る!期待される医療革新!


これからのガン治療ともいうべき医療革命が、早からず遅からずやってきそうです。

ips細胞によるがん治療


京都大学iPS細胞研究所、山中教授で有名なiPS細胞。2015年12月に東京大学医科学研究所がiPS細胞を使ったがん治療が話題となっています。
ips細胞のがん治療

光免疫療法によるがん治療


革新的ながん治療法「光免疫療法」。アメリカ国立衛生研究所(NIH)の主任研究員である小林久隆先生が帰国、現在、人体の臨床研究中、たった数分でがん細胞を破壊する。副作用もなく、医療費も大幅にダウン可能。楽天の三木谷社長のサポートも得て、実用化へ加速している。
光免疫療法

「光免疫療法」は、TVのリモコンや赤外線通信などに用いられている無害な光線「近赤外線」を使用している。8〜9割のガンに効く、入院もなく、転移・再発ガンにも有効とされる。

保険適用されないとしても、100万円〜200万円のレベルになると見込まれています。ステージ4という段階でも、転移したがんでも治療が望め、末期がんでも、可能性としては十分あり、数十分のうちにがん細胞を撃退できるという。

がんゲノム医療


ゲノムとは、遺伝子「gene」と、すべてを意味する「-ome」を合わせた造語で、DNAに含まれるすべての遺伝子をまとめてゲノムと呼ばれる。

厚生労働省は、2017年5月国立がん研究センター研究所長を座長とする「がんゲノム医療推進コンソーシアム懇談会」を開催。がんの原因となる遺伝子変異を調べて診断、最適な治療薬の選定を行うなど、がんゲノムを用いた臨床を推進する。
がんゲノム医療.jpg

一方、2017年4月文部科学省に設置された「ゲノム医療実現のための研究基盤の充実・強化に関する検討会」を開催したばかり。

がんゲノム医療提供の要となる「がんゲノム医療中核拠点病院(仮称)」も2018年度厚労省予算で2017年度中に7カ所程度の指定を行い、2018年度から立ち上げる予定という。

これらの最新医療が、実際にがん治療に適用されるにはしばらく、時間がかかりそう。そこで、すでにガン治療で画期的な効果をあげている最近注目の、NPO法人「がんの患者学研究所」と現役のがん治療専門医のガン治療取り組みのポイントをご紹介します。

ガンは必ず治る!その秘訣は簡単!


ここ最近、ガンなどの生活習慣病(国民病)の「治療が大きく変わる?」のではないかという信憑性の高い取り組みが注目されています。それは以外なことに「最新技術とはまったく無縁の食事中心の療法」です。この手法ではほとんどの「病気」が改善され、とりわけ末期ガンも転移・再発カンにも成果が出ているというから驚きです。

この事実を知った多くの人は、
 @ 最新医療はどうなっているのか?
 A 治るのなら何故、広く公開されないのか?


疑念を抱かずにはいられないでしょう。いろいろ真相を究明したところで病気が良くなるわけではありません。解決策は私たちひとり一人が、地道に情報を集め心から「腑に落ちる」知識の習得と、行動に目覚めるしか早道はありません。

ここで紹介するのは、なによりもガン患者やその家族がその気になればなるほど「ガンは治せる」と希望の持てる取り組み(対処法)です。

ガンの三大治療に頼り過ぎない!


現在の手術・放射線・抗がん剤のガン治療では、末期ガンが治せる確率はほとんど期待するに足りません。さらに転移・再発は防ぎきれないのが現状です。詳しくは「ガン治療の現状」を参考にして下さい。

ガンは日本人の3人に1人の死亡原因であり、2人に1人がガンと診断されています。年間約87万人がガンを発病し、約6割は治るという。しかし問題は、一年に約37万人(1日1,000人以上)がガンで亡くなっている現実です。

これ以上、治療を続けても「治る見込みがない!」と感じたら直ぐにその治療は中止する決心です。ズルズルその治療を引き伸ばすことは危険です。

医原病という言葉があります。医療がもとで重症化したり、別の病気になったりすることはあっても良くはなりません。

治せる方法選び!


世の中には、たくさんのガンからの生還者(ガンサバイバー、治ったさん)がおられます。そうした情報は大変参考になります。しかし、自分にとってあてはまるかどうかは分かりません。

何を選んでいいか分からない、それが現実です。不安になるのが普通です。ガンを知るためには、ガンの基礎知識、治った方の生活習慣や意識の持ち方など学ぶことはたくさんあります。
大切なことは「自分が選ぶ」ということです。迷ったときは「自分でもやれそう」、「この方法なら信頼できそう!」と心から思えるか、納得できるかどうかです。心がふらついている間は決めないこと、情報収集しながら様子をみることです。

何かを強制されたり、お金を出せばどうにでもなるとか、効果ばかりを宣伝して売りつけたり、いろんなことで不安がある場合は、やらないか、直ぐに止めることが賢明です。

ガンの原因は生活習慣!


現代医療では「ガンの原因」について、明確な説明はありません。その一つは科学的根拠が説明できないためです。

細胞のコピーミスでがん細胞が異常に増殖した結果だというような説明ですが、患者にとってはそんなことどうでもいいことです。

ガンは、「食生活の乱れ」、「運動不足」、「ストレス」、「睡眠不足」などが原因で、低体温や細胞が傷ついたりして、ガンになったのではないでしょうか?

たとえ胃や腸の部位のガンであったとしてもガンは「全身病」です。がんの原因を見直さない限り、ガンの完全治癒は望めません。そう、受け止めるべきです。

がん克服のための選択肢とは?


医療技術は、日々進歩しているにもかかわらず、2016年現在、毎年370,000人の方がガンでなくなっています。毎日、約1,000人が亡くなっている計算です。

宗像久雄先生によれば、「落ちると分かっているジャンボ機に乗っていると同じこと。」と警告しています。ガンは「治せない」と思い込んでいる医者と「ガンは治らない」と思っている患者が、治療したらどうなるか「絶望のコンビ」の結末は明らかです。

「先生、私のガンは治りますか?」と聴いて、「やってみなければ分からない」と答えたら、直ぐにその先生は諦めて帰ってしまう勇気が大切です。

宗像久男医師の「ガンは3カ月で簡単に治せる病気!患者は殺されている」をみると、医療当事者としての良心は充分伝わってきます。

ガン治癒の実効性の高い食事療法!


ゲルソン療法


先ず第一に、長年にわたって知られている野菜・果物ジュースの「ゲルソン療法」。最近では、ガン治療の効果は、50%くらいとみる医師も少なくありません。ガンを治すのであれば、もっとガンが治る可能性が高いものも視野に入れるべきです。

玄米菜食


第二に、「玄米菜食」。これは日本の伝統食をベースにしたものです。ただ、病気を自ら考えた食事療法で治したり、自己体験が絡んでいる食事療法は説得力はありますが、食事療法を行なうことによって、かえって調子が悪くなってしまうリスクが皆無とはいえません。ガン治療に効果ある玄米菜食は貴重です。

1975年アメリカ上院栄養問題特別委員会によってまとめられた「マクガバンレポート」によれば、「心臓病をはじめとする諸々の慢性病は、肉食中心の誤った食生活がもたらした「食源病」であり、薬では治らないと結論づけている。

免疫栄養ケトン食療法


第三に、世界初!ガン治療専門医がすすめる「免疫栄養ケトン食療法」。これはすでに学会で発表されており、食事療法をしながらガン標準治療も併行して行なうものです。近年注目の水素の摂取なども取り入れて効果を高めています。

現在、学会も注目の末期ガンに対応した食事療法で80%超の治癒率を臨床結果で検証している。詳しくはこちら「ケトン食ががんを消す」でご覧になれます。


「ガンは必ず治る!」思い込み!


医食同源の諺があるように、食事の質は健康を決める第一条件。しかし、何をするにも「その気」になれないと何もはじまりません。そこに「思い込み」の効用を利用します。

「ガンは治った!」と錯覚させる!


ガンを治す第一の要件は、食事よりも先に「メンタル:思い」が左右します。ガン患者さんは、苦しみや痛み、それに死の恐怖心です。そんな、陰の思いから陽に「思い」を切り替えることは至難の業です。

そこで、大切なことは「メンタルサポート」です。辛い思いを切り替えるためには、本人の意志に頼ることしかありません。だからといって、修業したり座禅を組んだりするわけではありません。

思いを改善する方法は、「ガンは治った!」と「思い込む」ことができれば成功。治ってもいない「ガンが治った」と意識的に思うことを訓練する。それには「ガンが治った」という情報(シャワー)をひたすら浴びることです。

「治った」シャワーで治癒力アップ!


「ガンは治る」という情報を絶えず取り込むことで、潜在意識にすり込まれ、ホントウに「ガンは治ったと錯覚」してしまうのです。その証拠に日常生活のほとんどは日々の自分の言動によって、潜在意識に擦り込まれ、無意識に動かされてしまっています。

潜在意識についてはこちらの「祈り(念ずる心)の威力」のサイトに詳しく紹介していますので参考にして下さい。

「ガンは治った!ガンは治った!」といつも意識することを生活習慣にすればいいだけです。人の心は思い込みと錯覚で、容易に操られる弱点があるので難しいことはありません。

ガンで困ったさんにおススメ!


「ガンは必ず治る!その秘訣は簡単!」と上述しました。それには、
 @ ガン標準医療に頼り過ぎない!
 A 治せる方法選び!
 B ガンの原因は生活習慣!

この3つをキーワードにあげています。その上で、
 @ ガン治癒の実効性の高い食事療法!
 A「ガンは必ず治る!」思い込み!

この2つを「ガンは治せる」重要な実践テーマとしています。この実践テーマが活かせる「ガンで困ったさんにおススメ!」をつぎに提案します。

いつもそうですが、弱者はいつも患者なんです。国民ひとり一人の当事者です。さらに今日ほど「医療否定本」や「クスリの薬害」について、心ある医師や薬剤師、ジャーナリスト達が警鐘を鳴らしている時はありません。

私たちひとり一人が、この現状を自覚しなければ医療による、医源病(犠牲者)は後を絶ちません。医師に頼るだけ、クスリに頼るだけでは「治せない」現実を知ることです。

独断と偏見でご参考までに「ガンで困ったさんにおススメ!」をご紹介しますので参考にして下さい。ただし、一切責任はとれませんので自己責任でお願いします。

ガン患者の患者学研究所「ガン患研」


過去20年間、ただひたすら「ガン患者」に対して良くなるための活動を通じて多数の「治ったさん」を生み出している。病院の治療や医者への不信感のある方で、「治りたい」と強く願望している人は、是非、詳しい情報を入手してみていただきたい。

ガンの基礎知識から「治る食事法」、痛みや苦しみを改善する古くからある「手当ての方法」、それに治ったさんたちの「感動のシャワーを浴びる会」など組織的に取り込みがマニュアル化(DVD教材やセミナー実施)されていることなどが推薦理由。詳しくはこちらのガン患者の患者学研究所をご覧下さい。

がん免疫栄養ケトン食療法


がん標準治療をしているガン患者さんで、治療経過が思わしくない方、民間療法より医師のほうが信頼できると思われる方は、免疫栄養ケトン食療法がおススメです。

東京都の職員で病院に勤めながら、「ガンを治すケトン食療法」を開発したがん治療専門医で医学博士の古川健司先生。詳しくはこちら免疫栄養ケトン食療法セミナーと臨床研究紹介を参照して下さい。

外科医としてこれまで約4,000人のガン患者の手術を行い「手術は成功したけど患者は亡くなった」という無念さから、一年発起して食事療法に可能性を掴み学会発表を通じて、訴え続けてやっと学会も注目しはじめたという。

ところが、食事療法では病院として直接ビジネスに結びつき難いとのこともあり、中々体制づくりが難しいのが現状。特許申請も含め今後、保険適用に向けて奮闘中。

古川先生を支援する企業もある中で病院、クリニックの対応が充分でない。現在、マンパワーが足りないものの一部の大学や教授、クリニックの院長先生からの支援も増え始めているという。

どちらを選ぶか迷ってしまう方は、「ガン患者の患者学研究所のやり方」も、「がん免疫栄養ケトン食療法」も、「ガンは治る」という熱意が伝わってくるだけに勉強してみる価値は充分です。

ただし、がん治療のための「ケトン食療法」は現在、末期ガンのステージ4の重篤な患者さんが対象となっていますので、患者さんが多く、外来診察の予約待ちとなるかも知れません。

参考のため、がん治療のための「ケトン食」療法によるがん細胞をやっつけるイメージは下図を参考にして下さい。

がん治療ケトン食

古川先生へのコンタクト(診察や問い合わせ)ができなくてお困りのときは、こちらの「バイオロジックヘルス梶vへお問い合わせ・ご相談下さい。

少なくとも「ガン患研」や、「免疫栄養ケトン食療法」は、現代医学では「ガンは治らない!」とあきらめておられるガン患者さんとその家族にとって、こうすれば「ガンは治る!」という希望を与えてくれる取り組みであることに違いありません!

「今、死にたくない!」何としても「ガンを克服したい」と切望されている方、一度だまされたと思ってもいいです。目の前にして「喰わず嫌い!」ではもったいないです。限りある人生です。その一歩が明日への「生きるチカラ」になります。

その一歩があなたにとって、きっと「生きる希望」をもたらせてくれるでしょう。落ちる飛行機に乗らないためには、それなりの知識と勇気ある行動が大切です。

 

がん克服のための新常識記事一覧

抗がん剤は効かない

  抗がん剤は、がん3大治療の1つとして使用されていますが、全部のがんに効くわけではありません。現在、抗がん剤の治療効果が認められているがんは、急性白血病...

がん検診の上手な受け方

 がん診断の功罪「自殺リスク20倍」 がん検診やがん診断は、大切なことですが「がんと診断」された後の心理的なショックから自殺者が働き盛りの40〜60歳代に...

がん治療はいいとこ取り

  日本の医療水準は、世界最高レベルといわれていますが、「なぜ、がんには勝てないのでしょうか?」、「人はなぜ、がんになるのでしょうか?」その理由がハッキリしないま...

情報が命を左右する!

 医療知識の格差が、がん死亡率に影響する? ハーバード大学公衆衛生大学院の准教授のK・ビスワナス博士によると、高所得者と低所得者との医療知識格差が、が...

がん患者との情報共有

 最新医学でがんは防げない! がん患者は、相変わらず年々増加傾向にあります。医学技術が急速な勢いで進み、最新の治療技術が生まれています。にも、関わらず日本...

がん保険は損か得か?

 がん保険の仕組み  がん保険は、「がんにかかったときに経済的破綻や不安を避けるためにみんなで少しずつお金を出し合って備える仕組み」であり、発生...

がん治療の現状

 遂に公開された!厳しいがん治療の現実読売新聞2016/1/21付で、全国32のがん専門病院で作る「全国がん(成人病)センター協議会」が、がん患者の10年生存...

これからのガン治療

 ガンは必ず治る!期待される医療革新!これからのガン治療ともいうべき医療革命が、早からず遅からずやってきそうです。ips細胞によるがん治療...