がんを克服するための新常識TOP > 医療技術

ガン克服のための医療技術

 

 


医療技術の光と影


 がんの医療技術は、近年、遺伝子解析の登場で医療技術や新薬開発の進歩も長足の進歩を遂げてきています。日本の医療は、世界の中でもトップレベルにあるとも言えるでしょう。

 しかし、実際にはどれほどの最新医療技術が導入されているでしょうか?
 がん治療において、最新の手術が導入され、最新の抗ガン剤が認可される一方で、病院のシステムや医師の技量が追いつかず、数々の医療ミス医療過誤を起こし、患者の生命の危険を脅かすような医療ミス事件が続いていることも否定できません。

 まさに、がんの根治治療は人類最大の夢ですが、この技術開発は「秒進分歩」の感があり期待はされますが、治療体制の確立は「牛歩遅々」というのが現実ではないでしょうか?

 このことは「医者が信用できない」というのではなく、また病院や医師を責めるだけでは済まない問題です。患者もそれなりに覚悟を決めて、最新のガン医療技術に向かうべきではないでしょうか?

最新医療技術のひとつ、重粒子線療法


 今、話題を呼んでいるガン治療のひとつに重粒子線療法、陽子線療法と呼ばれるものがあります。重粒子線療法は、放射線療法の一種で、最先端と言えます。

 ガンだけをやっつけて、ガンのまわりの正常な細胞を傷つけないという治療が可能なのです。しかし、重粒子線治療や陽子線治療は、胃のように袋状で不規則な動きをする臓器にできたガン治療には不向きです。

 一定の場所にかたまってできる固形ガンの治療を得意としています。重粒子線療法は、照射にかかる治療費も高額で、入院費などが加わることで、患者の金銭的な負担も大きいことです。

 しかも、転移がんのほとんどには、数ヶ月単位の延命効果を証明する薬しか開発できていないのです。

 このように、重粒子線療法にも不向きな治療や高額負担などの課題があります。患者が安心して治療が受けられるようになるには、これらの問題は大きな壁になります。

主な医療技術


 最新の医療技術として、いろんな治療法が挙げられますが、ここでは最近注目の医療技術を紹介しています。

1.新型ワクチン
2.重粒子線治療
3.分子標的薬
4.免疫療法

 医療技術がどんなに進歩しても、がんの根治治療を行える治療法は、現在ありません。従って、本当の意味での主治医は自分自身です。そのことを肝に銘じておくことが大切です。この意味において、今後「自分の身は、しっかりと自分で守る」という患者としての心構えが、ますます大切になってきたと言えます。

新型ワクチン

 新型ワクチンとは 新型ワクチンとは、本来からだに備わっている免疫力を利用する薬剤で、特定の病気に対する免疫を獲得するためのものです。丁度...

重粒子線治療

 重粒子線療法とは 今、マスコミや医療の分野で話題を呼んでいる、ガン治療の一つに重粒子線療法があります。これは、放射線療法の一種になります...

分子標的薬

 新しい抗ガン剤「分子標的薬」の登場! 国民の3人に一人はガンで亡くなる時代を迎えています。これまで抗ガン剤といえば、副作用による患者...

免疫療法

 ガンの3大療法(手術・抗ガン剤・放射線)に頼り切りでは、かえって、自分の命を縮めかねないと不安や悩みを持っているがん患者は少なくありません。そこで今、注目され...

オプジーボ

 がん免疫治療薬「オプジーボ」とは2015年12月、新しいがん免疫治療薬「オプジーボ」が、皮膚がんの一つ、悪性黒色腫に次いで、「切除不...